読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

flirtu UX

僕から見た「良いUX」と「悪いUX」

<第2回>恋愛に活用するUXデザインプロセス

このブログはUXデザインを活用した恋愛術ということで、普通の恋愛術とは少し異なります。UXデザインを活用することで、最高のデートを演出できたり、相手に自分気持ちをうまく伝えることができるようになると思います。

このブログにオススメの人としては

  • 恋愛がうまくいかない人
  • 相手を喜ばせ方が分からない人
  • UXを学びたいなと思っている人

このような人に見ていただきたいです。

 

第2回の今回はUXデザインプロセスについてのお話です。

UXデザインのプロセスを噛み砕くと以下のようになります。本来はもっと細かいのですが、初心者でも分かりやすいように説明します。

  1. 調査
  2. 分析
  3. アイディア出し
  4. アイディアの視覚化
  5. プロトタイプ作成
  6. プロトタイプ評価
  7. 実装

ん〜分かりやすく嚙み砕いたとはいえ、UXを知らない人には少し難しいかなと思います。

そこで、「デートを上手にする方法」をテーマに上記の6つを書き換えたいと思います。

  1. デートする相手について調査する
  2. 調査結果から相手が何を好きかを分析します
  3. デートプランを考えます
  4. デートプランを書き出します
  5. デートプランを完成させます
  6. 実際に本番前の予行としてそのデートプランを試してみます
  7. 実際にデートする

分かりましたか?

そんなに難しいことではないと思います!

UXでは上記のそれぞれのステップを様々な調査方法やフレームワークを使って進めて行き製品やサービスを作っていきます。

ズバリ!!このブログは、製品やサービスではなく恋愛に活用していきます。

UXの調査方法やフレームワーク活用すれば必ず素敵なデートプランを考えることができ、相手を落とすことができると思います。

そのためにも、1〜7をいかに上手く進めていくかが鍵になっていきます。

今後は1〜7を順番に説明していきたいと思います。

 

 

ーーーー終わりにーーーー

f:id:s-kazushige106:20160807203002j:plain

今回まではウォーミングアップでした。

次回は

1.調査(告白する相手のについて調査する)

につてい詳しく説明していきたいと思います。

調査の仕方により、今後のデートの展開を左右するといっても過言ではありません。様々な調査方法があるので自分にあったものを見つけて貰えたらと思います。

調査こそUXプロセスでは非常に重要となっております。

是非ご覧くださいね!!